ネットビジネス 副業 サラリーマン 情報 研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資としても最高です

ファイナンス(金融)とテクノロジーを組み合わせた
「フィンテック」という言葉が世間を賑わし、
世界における「お金」そのものの概念が根本から変わろうとしています。
その中心を担うのがビットコインに代表される「仮想通貨」です。

日本でも金融庁が「ビットコインは通貨である」と定義づけ、
資金決済法を改正してビットコインを通貨と認める法案が
国会に提出されると2016年2月24日に大きく報道されました。

「仮想通貨」は確実に日本を、そして世界を変えようとしています。
2016年2月16日に『プレジデント』誌に掲載された記事によると、
ビルゲイツも「今ある銀行は必要なくなる」と断言しているのです。

インターネットが「情報」という分野で時代を大きく変えたのは周知の通りですが、
「仮想通貨」が「お金」に関して大変革をもたらそうとしています。

そのような時代の大転換期にもかかわらず、
日本は「仮想通貨」に関してもっとも遅れている国と言っても過言ではありません。
そもそも「仮想通貨」という言い方さえ間違っているのです。

では、「仮想通貨」ではなく、正しくは何なのか?

「仮想通貨」と「普通のお金」の違いは?

なぜ「仮想通貨」が世界的に急速に普及しているのか?

日本で「仮想通貨」がなかなか受け入れられない理由は?

このあたりの事情について、
教師生活25年を超える現役大学教員の泉忠司先生が
小学生でも理解できるように分かりやすく解説してくださっています。

http://goo.gl/552eJC


泉忠司先生はかつて社会現象となったマンガ『ドラゴン桜』のモデルと言われている先生。
横浜市立大学・青山学院大学・日本大学など有名大学の講師を20年近く歴任され、
現在も有名大学で教えている現役の大学教員です。
また、著書55冊・累計350万部を超えるミリオンセラー作家でもあり、
メディア等で取り上げられることも多いので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

「仮想通貨」に関してこれ以上の説明は絶対にありえないほど、
本当に分かりやすくてためになりますよ。
数日間だけ【無料】で公開されていますので、今すぐ入手してください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。