FC2ブログ

郵政上場 株式相場 - ネットビジネス 副業 サラリーマン 情報 研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郵政上場 株式相場

こんにちは
久しぶりの更新です

日本郵政が11月4日に株式を上場します
100%子会社のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険とともに親子3社で同時上場です3社合計の売り出し額は1兆4000億円規模となるそうです
1987年に上場したNTT以来の大型民営化案件です
日本郵政の株を保有する政府は発行済み株式の11%を売り出す。3分の1超を残して順次売却していきます

日本郵政グループの総資産は約300兆円で、全国に約2万4000の郵便局ネットワークを張り巡らせる巨大企業です
東証1部に上場予定で 業種区分はサービス業 です
郵便や銀行、保険に加え、高齢者向けサービスなど生活を支える企業となります

政府は日本郵政株の売却収入を東日本大震災の復興財源にあて

日本郵政は、ゆうちょ銀とかんぽ生命株の売却で得た資金を政府が保有する自社株の購入に使うため、金融2社の株の売却収入も間接的に復興財源に充当される形になります

 

2016年3月期の連結純利益は前期比23%減の3700億円を見込む。子会社の純利益を見るとゆうちょ銀が3200億円、かんぽ生命は840億円を見込んでおり、金融2社がグループの業績を支えています



8~9月の世界連鎖株安で大きな損失を出したヘッジファンドが、起死回生を狙い、郵政上場を控える日本株市場に注目しています



そこに、日本人個人投資家が、期待を込めて、郵政上場をチャンスと狙っている。「小遣い稼ぎ」程度の意識で参入をもくろむ初心者いると聞きます

ヘッジファンドには、「動かしやすい」市場に映るのでしょうか。日本人個人投資家対ヘッジファンドは、思わぬボラティリティーを生む可能性があります


世界同時株安や景気低迷はここ何日か

持ち直していますが ヨーロッパ 中国

日本の量的緩和を期待してのもので

企業に堅固な収益性が買われているので

はないと思います

研究情報発信ページ

これからの柱の一つに是非おススメなのが
下の二つです
疑問があればメッセージいただければ
と思います

アフィリエイターなら更に有利


家族を幸せに 自分の経済的自由


ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。