FC2ブログ

マイナス金利 から今後 - ネットビジネス 副業 サラリーマン 情報 研究

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナス金利 から今後


マイナス金利わかりにくい表現ですが

民間銀行へのハッパかけですね

ペナルティー金利かけるよ

と言う事ですね

量的緩和によって多額のお金が

日銀から民間銀行の日銀口座にながれます

ところが民間の資金需要は盛り上がりません。民間銀行も不良債権の際の教訓を生かし、貸し渋る

そこで、量的緩和マネーの多くが、日銀の当座預金に預けられてくる

額は250兆円

民間銀行が、お金をただ日銀に預けておいては、市場にお金が回らない

民間銀行サイドに立てば、ゼロ金利の時代に0.1%をえられれば。

企業行動としては、ありの「資金運用」となります

しかし、その結果250兆円。しかも、0.1%の金利の総額年2000億円は、最終的に国民負担となります

その国民が銀行預金するときは、ゼロに近い金利となります

日銀が民間銀行に払う「付利」もゼロ金利方向に下げると言う議論は前から起こってました

日銀が民間銀行に「汗を流して優良融資先を探せ」とハッパをかけた形になりますね

しかし、民間資金需要が停滞している現在、有効なのかどうか、

との意見がありました

黒田東彦総裁が出した策は「付利」をゼロにするのではなく、さらに踏み込んで、預金に対して、0.1%のペナルティーを課すという方法です



マーケットは当面歓迎するでしょうが、高揚感持続性はどうなのでしょう

 
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。